アウトドア

おしゃれ!コンパクト!お手入れ簡単!CHUMSのホットサンドメーカー

おしゃれ!コンパクト!お手入れ簡単!キャンプにおすすめ調理器具CHUMSのホットサンドウィッチクッカー

タケ

もし、今回のキャンプは1つだけしか調理器具持っていけないって言ったら

どれ持っていく?

ユキ

絶対ホットサンドメーカー!!

我がラボ愛用のCHUMSのホットサンドウィッチクッカーを紹介しましょう!

キャンプでの活用事例付きです

ホットサンドメーカーのきほん

ホットサンドメーカーとは?

ホットサンドメーカーは、サンドウィッチをプレスしながら両面を加熱できる調理器具

ホットサンドだけでなく、肉まんを焼いたり、焼きおにぎりを作ったり…いろいろなレシピが知られていますね

レシピについても今後まとめて記事をアップする予定です

ホットサンドメーカーの主な使用方法は2通り



主な使用方法
  • プレスしながら両面を焼く(通常使い)
  • フライパンとして使う(荷物を減らしたいアウトドアで)

焼き調理に関しては万能!と言っても良いですね

ホットサンドメーカーの2つのタイプ

焚き火・IHで調理できる直火タイプとヒーター内臓の電気タイプの2種類があり、

それぞれの特徴と選び方については下の記事で紹介しています

CHUMSホットサンドウィッチクッカーをおすすめする5つの理由

焼き目の模様がおしゃれ

2つのプレートで違う模様が刻印されています

片面はCHUMSのアルファベットロゴ、もう一つの面はトレードマークのカツオドリのモチーフです

焼き上がりはきれいに模様が出てくれるのもお気に入りのポイント

CHUMSのロゴ焼き上がり
カツオドリのマーク

食パンをそのまま使えるサイズ

ホットサンドメーカーの中には、サイズ的に食パンを耳があるそのまま使えないものもあるのですが、

CHUMSのホットサンドウィッチクッカーは食パンがすっぽりちょうど収まるサイズ、そのまま使えます

耳を切らずに使えると手間が少なくて助かる

パン耳の使い道も悩まずに済むしね…

直火で使える

シングルバーナー、焚き火でも直接火を当てて加熱することで調理できます

IHは対応していませんので、キャンプに最適な調理器具です

コンパクト収納

直火で加熱していますので、周りはやや汚れてきますので、私たちは100円ショップ『セリア』で買った、巾着袋に収納しています

色々なデザインの巾着袋があるので、好みのデザインのものを選ぶと、気分も上がります

汚れても、安価ですので、「その場限りの関係」ということで、取り換えるのも気楽です

また、他のキャンプギアと擦れて傷が付きにくいのがいいです

縦に長いですが、厚みがそれほどでないので、意外とかさばりません

やや特殊な形状なので、私たちは、収納に自由度の高いソフトコンテナバッグを用いることで、隙間に入り込んで効率的に収納できます

お手入れ簡単

使う前は、結構お手入れが面倒かと思っていましたが、内側はフッ素樹脂表面加工されていますので、意外なことにとても楽でした

また、上下のプレートがセパレートなので、ハンドリングしやすいです

お手入れのステップ

  1. ティッシュなどで汚れをぬぐう
  2. 熱湯をかけて、ブラシで焦げ付きを落とす
  3. 水で流す

キャンプでの活用例

夜焼いて余った肉を次の日の朝『ホットサンド』に!

間食に重宝する『焼き肉まん(by ゆるキャン△)』

メスティンで炊いたご飯が余ったら…『焼きおにぎり』

Article by ユキ研究員

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA