アウトドア

【調理器具収納に最適】ソフトコンテナバッグのすすめ

アルバートルのソフトコンテナバッグを使ってみたら機能的でカッコよかった

タケ

調理器具とかをまとめて運びたいけど、どんなコンテナがいいかな

ユキ

調理器具はいろいろな形があるから、ハードケースだとデッドスペースができて、意外と入らない

アルバートル ソフトコンテナのメリット
  • 仕切りを動かすことができて、いろいろな形のギアを無駄なく収納できる
  • 底部分は撥水性の生地でおおわれているので、汚れてもサッとふける、濡れてもしみこまない
  • 直方体で自立するので、重くないものであれば、上に荷物を載せても大丈夫

albatre(アルバートル)とは

あまり聞かないですが、フランスのメーカーのようです

ソフトコンテナ以外には、登山用シューズなどのアウトドア系やマリンシューズなどのレジャー系のものを作っているようです

ハード?ソフト?コンテナ

キャンプギアを収納するコンテナは、動画などをみているとスノーピークや無印良品などの、金属やエンプラでできたハードコンテナが多いです

ハードコンテナとソフトコンテナのメリット/デメリットは次のように考えています

ハードコンテナ

メリット

  • 外で使うので、土や砂で汚れたり、砂利で傷がついたりするので、固い素材は向いている
  • 濡れても大丈夫
  • カッコいいデザインのものが多い

デメリット

  • ギアを詰め込んでもどうしてもデッドスペースができる
  • 重い
  • 中に入っていなくてもかさばる

ソフトコンテナ

メリット

  • 仕切りに自由度があり、デッドスペースを減らすことができる
  • 中に入っていなければ、たたんで小さくできる

デメリット

  • 布地で出来たバッグですので、剛直性がない
  • 汚れたらシミになる
  • 自立しなかったりするものが多かったりする
  • カッコいいものが少ない気がする

albatreのソフトコンテナはデメリットを結構解消してくれる

まず、カッコイイ

ユキ

48Lのストーン生地のものです

スッキリしていて、カッコイイ

まず、見た目がすっきりしていて、キレイめでカッコいいです

仕切りの自由度が効率的収納を可能に

内側には仕切りがあるのですが、仕切りの位置を自由にずらすことができます

フライパンなどの大きなもの、包丁などの小物が混ざっていてもキレイに収納できます

壁の部分は、ハードコンテナと違って自由度があるので、柄の長いホットサンドメーカーでも無駄なく収納できます

メッシュポケットがありがたい

蓋の部分にはメッシュポケットがついているので、小物を収納出来て、迷子になりにくいです

撥水生地が水・汚れに強い

底の部分と、内側は、撥水性の生地で出来ているので、もし濡れることになっても滲み込みません

泥はね、砂埃がついても、ウェットティッシュでふき取ると、サッと汚れがとれます

所有しているのは、底部分だけですが、全面この撥水生地のJETBLACKモデルもあります

側面などの機能がニクイ

側面にはカラビナがついていますので何かをひっかけたりもできます

自立して直方体なので運搬しやすい

バッグは中に荷物を入れるとしっかり自立します

直方体ですので車に詰め込みやすいです

重いものでなければ、上に荷物を置くこともできます

同シリーズのマルチバッグが機能的で統一感

同シリーズに、同じ生地でできたマルチバッグがあります

IH調理器がすんなり入ります

ユキ

収納力など機能的で、ソフトコンテナと統一感があって良きです

上部にインナーネットがついているので、倒してしまっても、中のものが飛び出したりしません

1シーズン使ってみて総評

  • ハードと違って、自由度が高いので、いろいろな形のキッチン系グッズを入れると効果的
  • ちょうどいいサイズ感なので、常時まとめて入れておくと、いざキャンプのときに忘れにくい
  • 車に詰め込みやすく
  • きれいな見た目でカッコいい
  • それほど高くないので思い切って使える

Article by タケ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA