アウトドア

【氷点下対応で良コスパ】Snagpakスリーパーエクスペディション スクエアフットで冬キャンプは十分乗り切れる

Snugpakスリーパーエクスペディション スクエアフットを2か月使ってみて分かったことをまとめます

タケ

冬キャンプしたいけれど、夜の寒さが不安

ユキ

ダウンシュラフが暖かいと聞くけど、めちゃ高い…

スリーパーエクスペディション
  • 化繊だが-5℃くらいの冬キャンプはこれで十分
  • 細かいところまで作り込まれていて暖かい
  • 足元が広いので、窮屈感なくゆったり寝れる
  • ダウンとは比べ物にならない良コスパ
  • 比較的小さくなるが、ダウンと比べれば大きいので、オートキャンプ限定

Snugpakとは

イギリスに製造工場を持ち、軍隊、特殊部隊にも採用されているアウトドアギアメーカです

化繊の寝袋が特徴で、圧倒的なコストパフォーマンスの良さがポイントです

スリーパーエクスペディション スクエアフット

日本のキャンプシーンに合わせた、キャンプや車中泊に最適なエントリーユーザー向けのシリーズである「BASE CAMP Series」のひとつです

中綿が増量された、日本のみのモデルで、スペック上では下限-17℃、快適温度-10℃のスペックです

それでいて、1万円強の価格で買えてしまうのが凄いところです

大きさ/形状 【マミー型と封筒型の中間】

タケ研究員の身長は173cmですが、ゆったりと入れます

身長が180cmくらいの人でも、余裕もって入れそうな感じです

足元が四角形となっていて、封筒型のような形ですので、窮屈な感じは全くなく寝返りが打てます

中で靴下を脱いだり履いたりできてしまいます

マミー型の締め付け感が苦手な人は、とても快適に寝られると思います

肩から上は逆にマミー型のようになっていて、フードがついており、ギュッとしぼめることができます

夜中寝ていても肩の方から冷気が入ってきたりはしませんでした

ジッパーは内側からも外側からも、負荷なく開けられるようになっています

冷気が入らない細かい設計

側面と底部のジッパーの部分には、接合部の隙間から冷気が入らないように、5cmくらいのマチがあります

実際に寝てみたところ、ジッパーから冷気は入ってきませんでした

首周りは、肩から冷気が入らないように、上下に分厚くなっています

側面と足元のジッパーは別

側面と足元のジッパーは別になっています

もし暑かったら、足元だけ開けておくこともできます

2つのシュラフで連結はできない

右側面にファスナーのものしかありませんし、マミー型のようなフードがついています

また、ファスナーの構造上、封筒型でよくある、二つのシュラフを連結して家族で寝ることは出来なさそうです

実際に寝てみて体感温度は?

実際に外気温が0~3℃くらいで何回か寝てみました

結果は、とても暖かく朝まで目が覚めませんでした

また窮屈感がないのがとてもよく、朝まで快適でした

足元が、封筒型のため、若干ひんやりとはしましたが、寒いとまではいきませんでした

ただし、快適温度が-10℃とありますが、ちょっと私には厳しいかなと思います

電気毛布をプラスするなど、温めグッズで補助するといいと思います

片づけ方

折りたたんでは入りません。ダウンのように袋に押し込んで入れていくと、袋に収まります

標準の袋が、コンプレッションベルトがついているのがとてもいいです

四方のベルトを縮めていくとかなりコンパクトになっていきます

何回か使ってみての総評

  • 化繊だが-5℃くらいの冬キャンプはこれで十分
  • 細かいところまで作り込まれていて暖かい
  • 足元が広いので、窮屈感なくゆったり寝れる
  • ダウンとは比べ物にならない良コスパ
  • 比較的小さくなるが、ダウンと比べればきいので、オートキャンプ限定

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA