アウトドア

8cmの『ちびペグ』は小さいが故の良い働きをする

ユニフレームの『ちびペグ』はちょっと止めたいのに便利なヤツ

ユニフレーム(UNIFLAME) ちびペグ

ペグというとテントやタープをしっかり固定するために使うもので、できるだけ長くて抜けにくいものを選ぶのが基本です

大きなテントやタープですと30cmくらいの、重いものを用いるのが一般的です

しかしこの『ちびペグ』は、全く逆の発想です

長さは8㎝しかありません

手のひらサイズです

しかも、アルミ製で、1本5gくらいとめちゃくちゃ軽いです

テントやタープを固定するためのものではない

長さ8㎝で、手や足で刺さりますし、引っ張れば簡単に抜けます

つまり、テントやタープを固定する目的では使ってはいけません

テントを固定するには、写真のような、長いペグを使わないと全く固定できませんし、風邪などでスポッと抜けて、とても危険です

ちょっとしたものを固定するには『ちびペグ』が便利すぎる

このちびペグは、おもちゃで使う場所がないというわけではありません

「ちょっと固定する」ときに、その簡便さが、他に代替できないグッズになります

グラウンドシート/レジャーシート

テントの下に敷くグラウンドシートや、公園でピクニックにいったときに使うレジャーシートを敷くとき、ビニール素材の軽いものですので、地面に置けども、ちょっと風が吹くだけで、たなびいてしまい、なかなかイライラすることはないでしょうか

通常のペグで打ち付けても、全く問題ないのですが、ちょっと固定したいときに、ハンマーで、重いペグを打ち付けるのは、必要以上の労力をかけてしまってます

ちょっと公園行くのに、重いペグとハンマーを持ち運ぶのは、いやですよね

そういう場合に、役立つのが、ちびペグです

手や足で、簡単に地面に刺さりますので、簡単に仮止めできます

シートの上に物を置くわけですから、ちびペグの仮止めでもう十分だったりします

テントのスカートの固定

大き目のテントですと、裾にスカートがついています

冬場に外から地面の隙間から、入り込んでくる冷たい風を防ぐ効果がありますので、スカート付きのテントは人気です

スカートがついていると確かに、外から入ってくる風は減ります

ここにちびペグを使って、スカートの端を地面に固定してやりますと、その効果は飛躍的にあがります

真冬ですと、スカートのすそを固定するかどうかで、寝てる時の地面からの冷気が明らかに減り、快適さが向上します

このスカートの固定はぜひともやってみてほしいですね

小さくて軽いのにとても丈夫

このような小さいペグは、100均にもあったりします

しかし、100均のものは、ちょっと地面が硬かったり、何回か使用すると、先が丸まったり、途中で曲がったり、耐久性がとても低いです

一方、ユニフレームの「ちびペグ」を、冬に1シーズン使い続けましたが、とても丈夫です

多少傷はつきますが、特に、曲がることもなく、買ったときと変わらぬ使用感で安心です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA