アウトドア

柔らかジューシー!スペアリブの炭火焼きBBQレシピ[weberチャコールグリル]

バーベキューで大人気!スペアリブを炭火で焼く心得

スペリアリブの炭火焼を最適化

①蓋つきのバーベキューグリルを使う

②タレは市販品では日本食研の「スペアリブソース」が炭火焼にあう

③間接焼きで表裏それぞれ12分、最後に直火で10~20秒

④余ったソースを煮詰めてから、スペアリブと絡める

スペアリブの炭火焼はバーベキューで鉄板

スペアリブは、バーベキューをするようになるまで、スーパーでもほとんど買ったことがありませんでした

しかし、一度、炭火焼をやってからは、バーベキューするときは9割方、このスペアリブの炭火焼をするようになりました

スペアリブの炭火焼の魅力
  • とにかく、旨い!
  • 焼き方を間違えなければ、失敗しない
  • 必要な食材は、スペアリブとタレだけ
  • スペアリブは安い

食材

スペアリブ

できるだけ肉の割合が多く、大きな塊の方がいいです

肉屋やスーパーで、大きさや切り方が全く違いますので、普段からチェックしておいてから買いに行きましょう

近場(関西)でリサーチした結果では、イオン系は骨率が高くイマイチ、フレンドマートが写真のように、肉率多めで比較的大きな塊です

タレ

いくつか試した結果、炭火焼には日本食研「スペアリブソース」が最も、肉を美味しくいただけました

下準備

室温の状態のスペアリブをタレと共にジップロックなどに入れて、室温で15分くらい寝かして下さい

これだけです!

焼き方

とにかく蓋つきのバーベキューグリルを使ってください

使い方は下記の記事を見てください

②焼き方は、間接焼きで表裏それぞれ12分、最後に直火で10~20秒

炭と肉の配置

炭を片方に寄せて、肉は反対側にのせます。できるだけ炭から遠ざけてください

通気口の条件

上下とも、通気口は最大に開けて火力が高い状態にします

もし、炭の火力が強すぎて焦げそうなときは、蓋の通気口を半分くらい閉めます

蓋の通気口の位置は、炭の上で肉とは逆側にします

蓋の通気口の下が最も高熱になり、約300℃となります

焼く時間

片面12分で両面焼いてください。この時、できるだけ蓋を開けないか、開ける時間を最小限にする

間接焼きでの、焼き上がりはこんな感じです。同時にジャガイモのホイル焼き(直火25分)ができます。

このままでも、旨いですが、最後に直火で、蓋を開けたままで10~20秒両面炙って、ダメ押しの炭の香りをつけてやります

焼いている間にタレを準備

肉を漬けていたタレをフライパンなどに入れて、加熱し少し煮詰めてください

ある程度、火が通ったら、炭火焼スペアリブをフライパンに入れて、サッと絡めてください

出来上がり

出来上がったら、盛り付けて、暖かいうちに食べると、中はジューシーで外は炭の香りの焼き目が付いた逸品となっています

余った場合の利用方法

我がラボでは、大量に焼いて、余るようにしています、ジップロックに小分けして、冷凍庫に入れておけば、レンジでチンすれば、また食べれます

一度冷凍すると、ジューシーさは損なわれるので、チャーシューとして、炒飯やラーメンのトッピングに使っています

冷凍品が尽きたら、スペアリブを焼くというルーティンになっていますが、消費速度がやばいので、毎月、BBQしちゃっていますね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA