アウトドア

焼き鳥の炭火焼をジューシーに焼くには【Weberチャコールグリル】

ウェーバーチャコールグリルを使って、焼き鳥を炭火焼きする手順

焼き鳥を炭火で焼くには
  • 蓋つきのバーベキューコンロを使う
  • 炭は強火で、炭から少し離して焼く
  • 片面4分、裏返して3分が基本

焼き鳥をバーベキューで焼くには蓋!

タケ

バーベキューで焼き鳥をすると、焼けたかなと思ったら、中身が半生で追い焼きをしがち

ユキ

しっかり火を通したいから、ずっと網の上でしばらく焼いてると、パサパサになってしまう

蓋つきのチャコールグリルを使用することで、全体から熱を伝え、水分が逃げすぎる前に加熱することでふっくらと仕上がります

チャコールグリルの一連の使い方は、こちらを参考にしてください

焼き方ポイントは「強火の遠火の4分3分」

焼き鳥を炭火で焼くには、ポイントはずばり、強火の遠火で焼き上げることにあります

串を打つ

鶏もも肉を3cmくらいにカットする

好みでネギを4cmくらいにカットする

鶏もも肉、ネギを串に通して、油を塗る

チャコールグリルでの焼き方

炭の配置

炭を十分に火を付けて、赤熱した状態にして、炭を左右に積んで、真ん中は炭がない配置にする

通気口の状態

蓋をして、通気口は側面は全開、蓋も全開

焼き鳥の位置

中央部の下に炭がないところに鶏が来るようにする

焼き時間

蓋をした状態で片面4分、ひっくり返して3分を目安として、両面を焼いてください

写真くらいの焼き目がちょうどよいです。加熱し過ぎると水分が飛びすぎて、パサパサになってくるので手早く加熱するのがポイントです

焼き目がもう少し欲しい方は、最後に左右の炭の上で、短時間で炙ってください

盛り付けて完成

表面はパリッと炭の香りが付き、中はふっくらとした焼き上がりです

一度、食べると蓋つきグリルの炭火焼は忘れられませんよ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA