アウトドア

ブリの塩焼きを炭で焼くと旨すぎる【Weberチャコールグリル】

ウェーバーチャコールグリルを使って、ブリの切り身の炭火焼きの手順をまとめました

ブリの切り身を焼くポイント
  • 蓋つきのグリルを使う
  • 中火短時間で焼く
  • 魚焼き用の網を使用すると身が崩れない

ブリの切り身をバーベキューで焼くには

バーベキューで牛肉を焼くことは多いと思いますが、魚を焼くことは少ないかもしれません

しかし、魚こそ炭で焼くと、中がふっくらと焼き上がり、台所コンロで焼くのとは一線を画します

蓋つきのチャコールグリルを使用することで、全体から熱を伝え、水分が逃げすぎる前に加熱することでふっくらと仕上がります

チャコールグリルの一連の使い方は、こちらを参考にしてください

調理方法 ポイントは「中火の短時間」

ブリの切り身を炭火で焼くには、ポイントはずばり、中火で短時間で焼き上げることにあります

ブリの切り身を網にセットする

魚は、牛肉と違って焼いた後にひっくり返す時や器に移す時に、身が崩れやすいです

直接、バーベキューグリルの網にのっけてしまうと、確実に魚の身がボロボロになってしまいます。

身の崩壊を防いでくれる、魚を焼くときに必須アイテムがあります。

それは、魚を挟める網でして、私たちは「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) のBBQ用 網炭焼き」を使用しています

バーベキューコンロを持っているなら、比較的安いので買った方が、BBQバリエーションが大きく広がるのでおススメです

ブリの切り身を挟み、塩をかけてください

チャコールグリルでの焼き方

炭の配置

炭を十分に火を付けて、赤熱した状態にして、炭を左右に積んで、真ん中は炭がない配置にする

通気口の状態

蓋をして、通気口は側面は全開、蓋は半分以上閉める

切り身の焼く位置

中央部の下に炭がないところに切り身が来るようにする

焼き時間

片面1分30秒~2分を目安として、両面を焼いてください

写真くらいの焼き目がちょうどよいです。加熱し過ぎると水分が飛びすぎて、パサパサになってくるので手早く加熱するのがポイントです

焼き目がもう少し欲しい方は、最後に左右の炭の上で、短時間に炙ってください

盛り付けて完成

表面、皮はパリッと中はふっくらとした焼き上がりです

一度、食べると炭火焼は忘れられませんよ

マイベスト火加減を研究してみては?

魚の切り身は、短時間で焼き上げますので、少しの時間の違いで、焼き上がりの食感が変わります。

好みも人それぞれありますので、今回紹介したベースの加熱時間から、自分の好みの火加減を試行錯誤で探していくのも、楽しいですので、ぜひ、研究しましょう

                                                                                                 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA