ホットクック

低温調理&鶏ムネ肉レシピ『よだれ鶏』肉の旨味とやわらかさに唸る

鶏ムネ肉はこれから低温調理一択!

ユキ

鶏ムネ肉、パサついて淡白な味であんまり得意じゃなかったけど

このレシピに出会って認識がガラッと変わった

タケ

本当に肉がジューシーで美味しかった!低温調理すげー

低温調理で絶品よだれ鶏の作り方

よだれ鶏

結局、よだれ鶏って、上手いことゆでた鶏肉にタレをかけた料理ですよね

加熱具合が勝利を分ける料理です

鍋でゆでる、レンチンなど様々な加熱の工夫が提案されていますが、その中でも低温調理が最も簡単に上手く仕上がります

低温調理器

ホットクック

自動調理鍋として人気のヘルシオホットクックですが、低温調理機能もあります

35 ℃~90 ℃の範囲の温度を設定でき、温度と時間さえ設定すればほったらかしで大丈夫なのが魅力です

ちなみに加熱が終了すると音と声でお知らせしてくれます

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥43,700 (2022/01/28 17:52:38時点 Amazon調べ-詳細)

ユキ

今回のレシピでは我がラボのホットクック(を使っています

BONIQ

最近よく見かけるようになった低温調理器です

水を張った鍋と組み合わせて使う、温度調整機能が優れた加熱機器といった感じ

材料

鶏むね肉1枚~2枚
少々
《タレ(必須材料)》
醤油大さじ2
黒酢大さじ2
砂糖大さじ1/2
ゴマ油小さじ1
ニンニク(すりおろし)1かけ分
ショウガ(すりおろし)1かけ分
ラー油適量
《タレ(あればなお良い)》
ネギ(青でも白でもOK)適量
ゴマ(すりゴマでも煎りゴマでも)適量

黒酢がないとき(我がラボではよくある)は、酢、リンゴ酢、すし酢などでもOK

酢を使うときは分量を減らして(大さじ2→大さじ1)、甘味(砂糖)を増やせば(大さじ1/2→大さじ1)OKです

作り方

1.下ごしらえ

ムネ肉の皮を外す

塩を両面にふる

2.パックする

チャック付き袋にムネ肉を入れて、水につけながら空気を抜いてチャックする

3.低温調理

63℃で1時間低温調理する

低温調理のキホンは下のリンク記事から!

4.タレを作る

上の材料表のタレ(必須材料)を混ぜ合わせる

*辛さの苦手な方やお子様は、ラー油を除いてもOK

5.盛り付ける

低温調理したムネ肉を食べやすい大きさにカットして、盛り付け、タレをかける

イロ

お肉がやわらかくて美味しいよ!

ユキ

これはやみつきになる!ジューシーで肉のうまみが感じられるよ!

低脂肪高たんぱくで超ヘルシー!

Article by ユキ研究員

まとめ
recipe image
レシピ
肉の旨味とやわらかさに唸る「よだれ鶏」
研究員
準備時間
調理時間
おすすめ度
51star1star1star1star1star Based on 1 Review(s)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA