アウトドア

灯油タンク「The Genie Tank (ジィニータンク)」と給油ポンプ「アラジン×タカギコラボ」でおしゃれ給油

キレイめで安全性が高いのは、Genie Tankほぼ一択!?

落ち着いたカラーの灯油タンクとポンプ

  • 灯油タンク「The Genie Tank (ジィニータンク)」
    • JIS準拠なので安心
  • 給油ポンプ「アラジン×タカギコラボ」
    • 外気とほぼ暴露していないので、ニオイが漏れない

灯油タンクはビビッドなカラーばかりで、主張が強すぎる…

前の投稿で灯油ストーブを室内/アウトドア用に導入したのですが、燃料として灯油がいりますよね

灯油タンクを買おうと探したのですが、真っ赤か青とかビビッドな色しか、近くのホームセンターには売ってません

我が家のよく使う物置は、屋内、玄関横の土間部分になります

室内なので、このビビッドなタンクは自己主張が強すぎます

また、室内とつながっているので安全は最優先です

というわけで、少し落ち着いた色で安全なタンクを探しました

  • 落ち着いた色
  • 灯油を保管できるのに十分な品質

灯油用の落ち着いたタンクは、ほとんど見つからない!

灯油用と謳った、希望の色味のポリタンクはなかなか見つかりません

やっとあったと見つかったのが、こちら

The Genie Tank(ジーニータンク)、これしか見つかりませんでした

きっちり、JIS準拠ですので安心です

灯油用と記載されていますし、消防法に則った危険物表記がしっかり表示されています

他によく売っているポリタンクは、消防法で決めれた記載がないのもので、水用でした

給油時にニオイができるだけ漏れないようにしたい

給油あるあるですが、給油時は垂れたり、タンクの口とポンプの隙間から蒸気が漏れたりと、ニオイがきつくなります

室内にニオイが漏れるのは、回避したいので、できるだけ漏れないものを探しました

タガギ製の給油ポンプがよさそうです

今回購入したのがタカギ×アラジンコラボモデルですが、異様に高いです

タカギ独自のポンプと色以外同じです

今回は見た目重視でこちらにしました

タンクの口にポンプを固定され密閉状態となります

ノズルはレバーを握ると通液して、離すと流れなくなります

操作方法

  1. ストーブの灯油注入口にノズルを指す
  2. ポンプの頭を2~5回くらい押す
  3. ノズルのレバーを引く
  4. 溜まるまで待つ
  5. 溜まったら、ノズルレバーを戻す
  6. 中が加圧状態のままだったら、リークボタン押す
  7. ノズル先をタンクより上にして、レバーを引き、チューブ内の灯油をタンクに戻す
  8. ストーブの灯油注入口の蓋をしめる

②ポンプの頭は10回とか20回とか押すみたいな記事や動画を見ますが、不要です

始めに流れ始めるだけ加圧出来たら、あとはサイフォンで流れるので、無駄に加圧する必要ないし、残圧が残ったり危険です

ただし、灯油タンクの液面が、ストーブ内の灯油液面よりも上にして高低差がないと流れません

高低差をつけるのに、我々はIKEAの木箱(KNAGGLIG)を補強して、台を作りました

土間に設置して、給油してみましたが、ホントに嫌なにおいがほとんどしませんし、一滴もこぼしません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA